借金をしている人の理由と金額

借金をしている人の理由と金額

 

借金をされている方の理由はどういうものなのでしょうか?
また、借金を抱えている方の金額はどのくらいなのでしょうか?

 

ここを読んで頂ければ世の中のことが少しは分かるかもしれません。

 

この記事を読んでくださっている方の中には、今現在借金に苦しんでいるという方もいらっしゃるかもしれません。

 

借金の理由は、人によってそれぞれでしょう。

 

やむを得ない理由の方もいらっしゃるでしょうし、浪費などによって借金をしてしまって後悔しているという方もいらっしゃるかも知れません。

 

できれば今後、借金をせずにすればそれに越したことはありませんし、ここで一度、今までの行動パターンや考え方を見直してみる必要があるでしょう。

 

今現在借金に苦しんでいる方は、一体世の中のどのくらいの人たちが自分と同じように借金を抱えているのかということが気になるのではないでしょうか。

 

借金を作った理由や金額も知りたいところでしょう。

 

日本信用情報機構の統計を参考にすると、今現在借金のある方は約1,149万人もいるそうです。
(平成27年11月現在。貸金業法対象情報のみ)

 

実に日本人の1割近い人たちが何らかの借金をしている計算になるわけです。

 

しかも5社以上の複数の業者から借り入れをしている多重債務の方も13万人以上もいるようです。

 

借金の理由は多岐にわたりますが、女性の場合はエステや美容関係という理由が上位に挙げられます。美容関係で借金を抱えている方の平均金額は200万円くらいのようです。

 

ほかにもブランド物や服などを買いまくってしまうことや、通販での買い物、習い事なども理由として挙げられるでしょう。借金を抱えている女性にはリボ払いを利用している方も多く、月々の支払いが少なくて済むという理由から、欲しいものをどんどん買ってしまう傾向にあるようです。

 

また、ホストにハマってしまって借金を抱えてしまう方や、見栄で付き合いにお金をかけすぎてしまう方などもいるようです。

 

男性の場合は、パチンコや競馬などのギャンブルが借金の理由に挙げられます。

 

中毒性が強いことから多額の借金を抱えてしまうケ―スが多く、ギャンブルでの借金金額は平均500万円くらいと言われています。

 

ほかにも、キャバクラ通いや付き合いでおごってばかりいる、会社を開業したり会社が倒産したりといった理由での借金が多いようです。

 

子どもの教育費用も、借金の理由の上位になっているようです。

 

子どもを私立の高校や大学に通わせる場合かなりの金額が掛かりますから、想定外の借金をしてしまうこともありえます。

 

子どもの費用の借金の平均金額は、約200万円〜400万円くらいのようです。

 

まとまった借金ではなくても、一時的な借金ならばもっと多くの人が経験をしているかもしれません。
友人の結婚式や引っ越し、財布を落としてしまった、旅行などの理由でちょっとした金額の借金をする方が多いようです。

 

こう見ていくと、借金をしている方は思った以上に多いということがお分かりいただけると思います。借金の金額も200万円〜500万円くらいという方が多く、比較的多額の借金を抱えているのが現実のようです。

 

とはいえ、意外とみんな借金の金額が多いから自分も大丈夫だと安心しきってしまってはいけません。

 

お金を借りることに抵抗が無くなってしまうと、どんどんと借金が膨らみかねません。

 

クレジットカードやキャッシングをまるで自分の財布からお金を出すような感覚で使っている方は、一度考えを改める必要があるのではないでしょうか。

 

闇金から借りてしまったらこちらにご相談を

 

 

 

[ 闇金被害者の会トップページへ ]