孤独死 一人暮らし 末路

MENU

一人暮らしの末路…それが孤独死

「孤独死」とは、誰にも看取られることなくこの世を去ることをいいます。

 

誰からも知られることなくひっそりとこの世を去り、しばらくの間誰からも発見されることがないのです。

 

腐敗が進んでからようやく発見されることになるケースが多いようです。
もし自分がそのような末路を迎えたら・・・と考えただけでゾッとしてしまう方が多いのではないでしょうか。
そもそも、そんなこと考えたことも無いという方が大半でしょう。

 

しかし、一人暮らしの末路には孤独死が待っている可能性もあります。
孤独死という末路を迎える方は年間3万人とも言われていて、一人暮らしの方にとっては決して他人事とは言えないでしょう。

 

孤独死と聞くと年配の方の話だと思いがちですが、最近では若い世代にも増えているというのが現実のようです。しかも人があふれている都会においても、孤独死が多くあります。

 

都会は近隣との人間関係が希薄なことが孤独死の理由に挙げられるといえるでしょう。

 

一人暮らしであっても、常に誰かと連絡が取れる状態にしておくべきでしょう。離れて住む家族や友人と良好な関係を築いておければ、孤独死という末路を迎えてしまう危険を減らせるはずです。

 

若い世代でも、金銭的な問題で暮らしが困窮している方もいらっしゃるかもしれません。

 

病気をしても必要な医療が受けられない、身動きが取れなくなっても電話が止められていて家族などに連絡ができないなどということが起これば、若くても孤独死という末路を迎えてしまう可能性があります。

 

そういったことを防ぐためにも、身の丈に合った生活をして無計画な借金をしないなど、日ごろから気を付けておくべきだといえます。

 

今現在一人暮らしではなく家族がいるという方も、絶対に孤独死という末路を迎えないとは言えません。

 

家族に看取られて一生を終えるのが理想ですが、何らかの理由で家族と離れ離れになってしまうことも考えられるからです。

 

よくあるケースが、借金などによって家族との関係が悪化し、離婚をして一人暮らしをすることになってしまうというケースです。

 

特に闇金などから借金をしてしまった場合激しい取り立てが否応なく行われますから、家族にも即借金の存在がばれることになります。

 

そればかりではなく、家族の職場や親兄弟にまで取り立てが及ぶケースもあるなど、多大な迷惑がかかります。

 

そうなればやはり、家族との関係が悪化していくのは当然でしょう。家族は家を出て行き、多額の借金を抱えたままの一人暮らしが始まるのです。

 

借金のことが周囲に知れてしまえば、家族ばかりではなく友人や知人も距離を置きたがるかもしれません。結果的に連絡を取れる相手が誰もいなくなり、一人暮らしである上に精神的にも孤独な状態になっていくでしょう。

 

孤独な生活に精神が病み、働く気力もなくなってしまうかもしれません。
借金の取り立てにに追われ、食べるものも食べられず、孤独死という末路を迎えてしまうかもしれません。

 

誘惑に打ち勝てない心やちょっとした甘い考え、道徳を重んじない生き方などが、このような孤独死を招いてしまうかもしれません。

 

大事な家族や友人などとの良好な関係を壊すような生き方をするべきではないでしょう。

 

悲しい一人暮らしの末路として孤独死を迎えてしまわないためにも、無計画な借金をしたり闇金のような違法業者と関わってしまったりという生き方はしないようにするべきではないでしょうか。

 

 

今すぐ専門家にご相談下さい 相談料は無料です

 

 

 

[闇金被害の相談窓口のトップページへ ]