家族 一家離散 原因

MENU

家族の一家離散の原因とは

一家離散。

 

あなたが今幸せな家庭を持っており、家族に恵まれているならば、自分には全く関係ないワードだと認識するでしょう。

 

一家離散の原因としては、家族が「機能不全家族」であることがまず挙げられるでしょう。

 

機能不全家族とは、家族内で対立や虐待、ネグレストなどが起こっていたり、家族の誰かがアルコール依存症、ギャンブル依存症であったりすることが原因できちんと機能していない家族のことを言います。

 

このような家庭で育った子どもは親に奴隷のような扱いを受けることも多く、自立できる年齢になったら一日も早く家庭から逃げたいと考えるケースが多いです。

 

その行く末が一家離散であったりします。

 

あなたのご家庭がこのような極端な機能不全家族ではない場合も、一家離散にならないとは限りません。
そのほかの一家離散の原因としては、借金や会社の倒産、夜逃げ、家族の誰かの不倫のほか、病気や宗教などが挙げられるでしょう。

 

その中でも借金が原因の一家離散は、一歩間違えば誰にでも起こりうることです。自分が借金をしなくても、誰かの連帯保証人になってしまったことが原因で一家離散になることもあり得ます。

 

想像してみてください。

 

あなたは闇金などから借金をしてしまい、激しい取り立てに遭っています。まだ子どもが小さいのに、夜中にまで取り立ての電話が鳴り続けます。

 

毎晩のように寝かしつけた子どもが電話の音によって目を覚まして泣き出し、夜泣きに付き合わされる妻はノイローゼ気味に。

 

次第に取り立ては激しくなり、なんと闇金が、子どもが通う保育園にまで乗り込んできました。これによりあらぬ噂を立てられ、やっと入れた保育園を退園せざるを得なくなってしまいました。

 

妻は仕事をしていましたが、保育園に預けられなくなったことで仕事が続けられなくなってしまいました。

 

どこで聞きつけたのか、妻の実家が経営する商店にまで闇金が出向いてくるようになりました。いかつい男性たちがお店の前をうろうろしているため当然お客も減り、店の評判も落ちてしまいました。

 

妻には毎日取り立てのことや借金のことで愚痴を言われ、二人の間には喧嘩が絶えません。妻の両親は怒り心頭で「小さい子どもがいるのに借金を作るような男とは離婚しろ!」と妻に言ったようです。

 

そしてある日、ついに妻は子どもを連れて出て行ってしまいました。そして家族はバラバラになり、あなたには、借金だけが残るのです・・・。

 

このようなシナリオが、待っていないとも限らないのです。

 

やむを得ないことが原因の借金ならまだしも、娯楽や浪費が原因で一家離散になってしまったら、後悔してもしきれません。大事な家族を失うのは、誰だって嫌なはずです。

 

ですから、目先のことだけを考えて、闇金のような違法業者から借金をしたり、複数の貸金業者から借金をしたりすることは絶対にやめたほうが良いでしょう。

 

世の中に絶対はありません。

 

ちょっとした油断や思いもよらない原因で、一家離散につながってしまうこともあります。

 

家族とのかけがえのない生活を守るためにも、身の丈に合った計画的な生き方を心がけたいものです。

 

 

今すぐ専門家にご相談下さい 相談料は無料です

 

 

 

[ 闇金被害の相談窓口のトップページへ ]