沖縄 闇金 相談 体験談

MENU

闇金相談(沖縄の体験談)

私は地元沖縄で高校を卒業後、就職をしました。
何とか頑張って正社員働いていましたが、先輩たちの指導がきつく退職。
その後はバイトなどを転々としていました。

 

そんな自分が情けないと思いつつも、買い物や友人たちとの飲み歩きなど、楽しいことは全くやめられませんでした。

 

毎日のように飲み歩いては仲間とバカ騒ぎし、朝帰ってくるような生活です。
バイト代も、すぐに消えていきました。
お金が足りなくなると、こっそり母に借りる事もありました。

 

そのころ私は実家に住んでいましたが、厳格な父は私の自堕落な生活が許せなかったようで、家を出ていけと言ってきました。

 

「お前みたいなクズはうちにはいらん。まともに仕事もせずただ飯食ってるだけなら今すぐ出て行け!まあ、お前みたいなやつはどこへ行ってもまともに通用しないだろうけどな」
そう怒鳴られ、こっちもムキになってしまいました。

 

馬鹿にしやがって。俺だって、その気になればまた正社員として働けるし、こんな家で養ってもらわなくたって生活していけるんだ。
私はアパートを借り、家を出ることにしました。

 

アルバイトでも何とか家賃は払っていけましたが、本当に家賃を払って食べて光熱費を払うだけでいっぱいいっぱいです。
これじゃ遊ぶこともできない。せっかくうるさい親父と離れられたんだし、もうちょっと自分の時間も欲しい。

 

私はアルバイトを辞め、その後正社員としての就職先を探し始めました。

 

しかし、いくつか面接を受けるも、なかなか採用されません。
でもまあ、そのうち何とかなるだろう。
ほとんど貯金はありませんでしたが、すぐに仕事が決まると思っていました。

 

しかし、沖縄は求人が少なく、収入も全国の中でかなり低い地域です。
普段そんなことを意識していませんでしたが、実際に仕事が見つからないとなると身をもってそれを感じるようになりました。

 

このままではまずいな。
普段は楽天的な考え方の私ですが、さすがに少しずつ焦り始めました。
貯金がほとんどないため、次の家賃を払ったらお金が無くなってしまいます。
家賃を払わなきゃならないけど、その前に食べ物を買えなくなると困るな。こうなったら、仕事が見つかるまで何処かでお金を借りるしかない、そう思いました。

 

しかし、消費者金融みたいなところへ行っても、今現在無職なのでお金が借りられませんでした。

 

無職だとお金が借りられないのか・・・。これは困った。
でも、仕事が見つかるまで待ってもいられない。アパートから追い出されたら住む所がなくなる。かといって、あの親父のところに帰ったら?そら見たことかと今まで以上に馬鹿にされるに決まっている。それだけは、絶対に嫌だ!

 

困り果てて繁華街を歩いていた時、電柱に貼ってある一枚のビラが目に留まりました。
「無職OK!」
読んでみるとそれは貸金業のビラみたいでした。

 

助かった!
私はそのビラを、まさに神の救いのように感じました。
すぐにそこに載っている携帯番号に電話をかけました。

 

少額ですがお金を貸してもらうことができ、ほっと一安心。
これでとりあえずの食費がまかなえます。

 

しかし、返済の期日までは短く、借りてから10日後でした。
全額返済するのはもちろん無理でしたので電話で問い合わせをすると、今回は利息の分だけでも良いと言ってくれたのです。

 

なんていい業者なんだろう。こんな業者からお金を借りられた私はラッキーだった、本気でそう思いました。
家賃として取っておいたお金の中から、利息分だけを業者に返しました。

 

早く仕事を探さなければ。そう思いましたが、何社面接を受けてもダメ。
なんだか自分を全否定されているような気分になり、私はだんだん気力が無くなっていきました。
親父の言うように、自分はクズなんだろうな。
もう、これ以上傷つくのは嫌だ・・・。
私は、面接に行くこともままならなくなっていきました。

 

そのような状態なので結局家賃も滞納し、業者から借りたお金の利息も返済できなくなっていきました。

 

すると、すぐに業者から電話が入りました。
まあ、私がお金を返せなかったのだから仕方がありません。
数日が過ぎると電話の回数が増えていき、その言葉もだんだんと粗っぽくなってきました。

 

「金借りといていつまで待たせる気だコラ」
「仕事がないならうちで紹介してやるとこで働け。死ぬまでたっぷりこき使ってやるからよ」
「返さねえなら親の会社に電話してやろうか?親がクビになったらお前も困るんじゃないのか?」
精神的に、とことん追い詰められていきました。

 

仕事、早く見つけなきゃ。
しかし、精神的に参ってしまい、身体がなかなか動きません。気持ちも沈み、面接どころではありませんでした。

 

調べてみると、業者は明らかに高い金利を取っています。いわゆる、闇金業者だったようです。
一度闇金業者に目を付けられてしまったら、もう逃れることができないのではないだろうか?私は絶望しました。

 

口座番号だって電話番号だって住所だって、みんな闇金に知られています。
無職でも貸す代わりに親の仕事先を書けと言われ、素直に書いてしまいました。

 

もう、業者に紹介された住み込みの仕事で一生働かなければならないのでしょうか。
それでもダメなら、よくドラマで見るように臓器を売れとか言われるのでしょうか・・・?
軽い気持ちでよく知らない業者からお金を借りたことを、心から後悔しています。
誰か、助けてください。

 

このような闇金からの借金。
一度闇金と関わってしまったら一生逃れられないと思ってしまいがちですが、闇金相談によって解決が可能なんです。

 

闇金にお困りなら、ぜひウイズユー司法書士事務所への相談をおすすめします。
24時間365日、全国からの相談を受け付けており、相談は無料です。
費用の後払いや分割払いなどに柔軟に対応してくれる点も、安心感があります。

 

メール相談もできますから、お悩みなら今すぐにウイズユー司法書士事務所にご相談下さい。

 

 

今すぐ専門家にご相談下さい 相談料は無料です

 

 

 

[←]全国の体験談トップへもどる

関連ページ

大阪の闇金相談体験談
ここでは、大阪の闇金相談の体験談をご紹介します。全国でも特に闇金業者が多いと言われている大阪の体験談は、近隣にお住まいの方にとっておおいに参考になるはずです。被害の事例、相談の事例をよく読み、ご自身と照らし合わせ問題解決にお取組み下さい。
福岡の闇金相談体験談
九州一の繁華街を持つ福岡。ここ最近闇金が増えていると言われています。そんな福岡での闇金相談体験談は、福岡にお住まいの方、そして九州にお住まいでこれから福岡に行って仕事をしようという方にも参考となるはずです。